JCDA運営スタッフ主催の交流会に参加してきました。
主催側も参加者も同じキャリアコンサルタント同士。主催者はボランティア。
本当にキャリアコンサルタントの方たちは見返りを求めない。
与えるだけ与えてくださいます。本当に感謝。有難うございます。

今回のテーマは、資格をどう生かしていくか。
主催側も参加者側も、どうしたらこの資格を活かしていけるかという事に真剣に向き合っています。
まだまだ世間的には認知度の低いキャリアコンサルタントですが、僕自身はこれからの世の中になくてはならない資格、いや、職業になっていくと思います。

交流会では、この資格を活かすためにどのようなことをしたか?というテーマでディスカッションしました。
色々な立場や考え方があると思いますが、「勇気をもって一歩を踏み出す」がキーワードになっていました。
「論語読みの論語知らず」
知識はアウトプットしないとまったく意味がない。
僕もそう思います。
結局仕事は人と人との結びつき。いかに人との縁や人そのものを大切にするかということだと思います。
人材は材料ではなく、人財。財産です。
AIが進歩し、LIFESHIFTが言うように人生100年時代になるのであれば、人本来の力。無形資産を増産し続けることが大切になってくると思います。
それを支援しバックアップしていける、推進していける力はキャリアコンサルタントの力だと思います。

なかの