11月定例勉強会報告・キャリアの向こう側~人生をパッチワークの様に織りあげよう~

「キャリアの向こう側」というメインタイトルは、帰宅途中のバスの窓越しにふと降りてきたタイトルです。

「キャリア、キャリアって自分うるさいな。」って自分に問いかけてた時に、ふと「キャリアの向こう側にあるものってなんやろ?」って思ったのがコレに繋がってしまいました。

キャリアについてあれこれ考えるのをやめたらその先には何があるのだろう?

そう考えてたら、頭に浮かんだのは、「広い視野を持て」とささやいてくる理論がありました。

それがサニー・ハンセン博士の「統合的人生設計」理論でした。

サニー・ハンセン博士の理論、「統合的人生設計」理論を元にコンテンツを考えました。

4つの要素というのは4Lと呼ばれる(Love愛、Lavor労働、Leisure余暇、Learn学習)ものです。

この4つの要素を織りなして「自分の人生を”有意義な全体”として織り上げる」。

人生をパッチワークのように織りあげよう。

 

この日参加いただいのは、メンバー3名と一般ご参加が2名。

そもそも私自身に答えがない、手探りの状態でした。

しかし、参加者の皆さんとで対話を重ねていく中で私自身にも多くの気づきがありました。

予定調和の全くないワークショップになって冷や汗たらたらでしたが、とてもよかったと自画自賛しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA