人のいいところに注目しよう
という言葉

この言葉を初めて知ったのは中学生のとき
どの先生が言われたのか覚えてないし何の授業の時に言われたのかも覚えてないけど
なぜか心に残っている言葉です

第一印象が悪い人、生理的に受け付けない人、みんなが悪く言う人
そんな人が居たらいつもこの言葉を思い出して
その人の言動、仕草、表情などに注目して、いいところを探している
絶対何かいいところがあって
素晴らしい笑顔というわけではないんだけど
ふとした瞬間に見せる表情などに心惹かれたりすると
もう、その人のことが大好きになったりします

結局これもその人の強みを見つけるのと同じようなことなのかな
そして、この美点凝視を自分に向けて、自分を好きになるために使うことも
大切なんだと最近わかった

みんな自分に酔って自分を大好きになろう